自動経理
money
money
money
「発展会計BANK」で読込み・自動仕訳を行ったデータを、現在利用中の他社会計ソフト用にCSVデータ出力が行えます。会計ソフト別に出力が可能です。
ページトップ
導入事例

「クラウド発展会計BANK」の全体像と活用ステップ

「発展会計BANK」の全体像

「発展会計BANK」活用の3つのメリット

   

「MoneyLook for BIZUP発展会計」で管理する銀行口座の最新情報を、オンラインでタイムリーに入手できます。明細を見ながら手入力する手間が省略できます。

 
   

「銀行明細読取機能」で読込んだデータを「クラウド発展会計」に自動でデータを取込みます。事前にマスタ登録を行うことにより自動仕訳も可能です。

 
   

「発展会計BANK」機能を活用することにより、通帳記帳業務や入力業務を大幅に時間短縮することができ、経理合理化を実現します。

 
ページトップ

「発展会計BANK」の便利な機能~銀行明細読取&自動仕訳

ワンクリックで口座情報を自動更新

 

簡単操作で取引明細を取込み

銀行明細読取り機能

 

当期業績レポート

「MoneyLook for BIZUP発展会計」にログインし、「銀行明細更新」ボタンを押すだけで、登録した全ての銀行口座で最新の取引明細を取得できます。

 

「MoneyLook for BIZUP発展会計」と「クラウド発展会計」を連携することにより、銀行口座の最新情報を「クラウド発展会計」に取込むことが可能です。2回目以降は、前回の差分のみを取込むので、仕訳が重複することもありません。

マスタ登録で取込み明細を自動仕訳

 

取込み後、仮勘定の修正で入力完了

銀行明細読取り機能

 

銀行明細読取り機能

ML明細変換マスタ登録は、口座、入金・出金別に分けて設定することができ、銀行明細の摘要は、部分一致や完全一致などで読み取りの精度を変えて登録することもできます。どの条件でも合致しない場合は、一旦「諸口」等の仮勘定にて取込むので、取込み漏れもありません。

 

自動仕訳入力後、預金出納帳画面で変換後の出納帳を確認し、修正が必要な一部仕訳のみ、修正を行います。

ページトップ

「クラウド発展会計P-BANK」の全体像と活用ステップ

「発展会計P-BANK」の全体像

「発展会計P-BANK」活用ステップ

預金通帳をスキャナーや複合機でスキャンします。   画像データ(JPEG)としてPCに保存してもらいます。   「クラウド発展会計」を立ち上げ、画像データをデータサーバーに登録します。

  電話番号にひも付けて科目等を事前に登録することによって、仕訳入力を行うことができます。   登録した画像データを「クラウド発展会計」で解析を行います。同時に仕訳が行われます。  

  仕訳入力データと画像データを突合せしながら、内容の確認が可能です。   修正・追加入力が終わり、内容確認が出来たら、登録ボタンを押し、登録業務完了。  
ページトップ

「クラウド発展会計MONEY」の全体像と活用ステップ

「発展会計MONEY」の全体像

「発展会計MONEY」活用ステップ

領収書やレシートをスキャナーや複合機 でスキャンします。   画像データ(JPEG)としてPC に 保存します。   「クラウド発展会計」を立ち上げ、画像 データをデータサーバーに登録します。

  電話番号にひも付けて科目等を事前に登録することによって、仕訳入力を行うことができます。   関与先が登録した画像データを「クラウド発展会計」で解析を行います。同時に仕訳入力が行われます。  

  仕訳入力データと画像データを突合せしながら、内容の確認が可能です。   修正・追加入力が終わり、内容確認が出来たら、登録ボタンを押し、登録業務完了。  
ページトップ

「エクスポート機能」で現在ご利用中のシステムでも利用可能

「BANKエクスポート」機能で自動書出し

「発展会計」で取込んだ銀行明細を、他社の会計システムへ取り込ませることが可能です。「BANKエクスポート」から該当システムを選択し、CSV出力を行います。

CSVファイルを会計システムでインポート

「BANKエクスポート」により出力されたCSVファイルを各会計システムで取込みます。現在使用している会計システムを変更することなく、BANK機能がご利用可能です。

「BANKエクスポート機能」活用の3つのメリット

   

「BANKエクスポート」を活用することにより、現在ご利用中の既存会計システムを変更せずに、「発展会計BANK」機能をご利用いただけます。

 
   

「発展会計BANK」機能で読取・自動仕訳された最新の銀行取引明細データを、「BANKエクスポート」機能を活用することにより、簡単操作だけで他社システム用にエクスポートできます。

 
   

「発展会計BANK」機能を活用することにより、通帳記帳業務や入力業務を大幅に時間短縮することができ、経理合理化を実現します。

 
 EXPORT対応システム
・弥生会計14(弥生会計)
・勘定奉行(OBC)
・FX会計(TKC)
・JDL会計(JDL)
・財務応援(EPSON)
・会計大将(ミロク情報)
・会計王15(ソリマチ)
・財務処理dbシステム(日本ICS)
・福祉大臣NX社会福祉法人用(応研)
・福祉大臣NX一般会計用(応研)
・社会福祉法人会計V.5(PCA)
ページトップ

「自動経理システム」活用事例

 事例1
 会計事務所で銀行明細を即時確認、早期データ処理と不正防止を実現
 企業情報
企業名 Sグループ(3社)
業種 飲食業(居酒屋チェーン店5店舗)
従業員数 正社員7名、パートアルバイト65 名
年商 300,000 千円
経営利益 20,000 千円
 企業特性 居酒屋チェーン店に加盟し、現金売上が売上の90%。
現金売上が多額なため、毎日正社員が夜間金庫へ入金。
仕入れ・給与支払はすべて振込。
 経理状況  
経理担当者 0名、経理業務アウトソーシング契約
ネットバンキング 利用歴5年
月間仕訳数 2,300 取引
取引銀行 1行8口座(取引数500)
取引先件数 個人取引99%、法人取引1%
仕入先 10社(各店舗ごとに仕入れ)

システムの導入効果


① 資料回収の効率化でデータ処理早期完了(会計事務所)

銀行取引の確認が即時可能になったので毎週データ処理を行い、現金取引はFAXで資料を回収し、請求書のみを10 日に直接回収。資料回収を月1回に集約し、データ処理を毎週を行うことによってデータ処理完了を1週間早期化。

② 銀行対応業務を効率化(企業)

毎月10 日前後にまとめて記帳を行っていたが、「発展会計BANK」を導入することにより準備時間と銀行訪問時間を短縮。準備時間 2.0h + 銀行訪問 2.0h = 合計 4.0h

③日々の口座取引状況確認により不正防止(企業・会計事務所)

飲食店の特性から日々の売上は現金が多く、社員が夜間金庫に売り上げを毎日入金していた。窓口日計表と口座への入金額をチェックする仕組みだが、通帳記帳後の作業となるため1か月遅れの作業となっていた。
その仕組みを悪用し、4日分の売上30万円を着服する従業員の不正が発生。不正発覚後、チェックを強化する必要性が高まった。
「発展会計BANK」導入により、口座への入金額を会計事務所側で毎日確認できるため、レジ日計表を関与先からFAX回収することで、1日遅れでのチェック体制確率が可能となった。

 事例2
 インターネットバンキングと自動経理システムの活用で業務時間の
 大幅な削減を実現
 企業情報
企業名 Yグループ(8社)
業種 コンサルティング業
従業員数 150名
年商 1,700,000 千円
 企業特性 会計事務所、税理士法人、社会労務士法人、コンサルティング会社等の関連会社8社を要する。
グループ会社8社の経理を、経理担当者3名が担当。
翌月10日までに経営資料作成を目標とする。関与先企業へも翌月10日までに資料提供60% を実現。
 経理状況  
経理担当者 3 名(自計化先)
ネットバンキング 「自動経理システム」の導入と同時に開始
月間仕訳数 3,200 取引
取引銀行 18行41口座(取引数743)

システムの導入効果


① インターネットバンキングと「自動経理システム」活用で銀行訪問・対応時間を大幅に削減

通常、月4回銀行対応のために外出を行っており、1回の外出にかかる時間が4時間30 分、月末は5時間30分で、合計19時間を要していた。加えて月末に入力処理を完了させるため、記帳を行いに 銀行を訪問。2.5 時間を要し、毎月、銀行訪問・対応への時間は合計21.5 時間要していた。
「自動経理システム」とインターネットバンキングを導入したことにより、銀行への外出が月初の記帳1回のみとなり、前年同月比17時間の削減。処理時間の削減11時間に加え、銀行訪問・対応時間 17時間の削減で、合計28 時間分の時間削減に成功した。

②「 自動経理システム」で経理業務標準化・業務分担を可能に

「自動経理システム」導入により、経理業務の標準化が図れた。これまで決まった担当者しか出来なか った経理業務を複数の担当者で業務分担が可能に。 銀行訪問・対応業務の大幅な時間短縮と銀行取引明細の即時確認が可能となり、翌月初での会計資 料作成を実現。

 事例3
 「銀行明細読込み・自動仕訳」で銀行訪問・対応時間を大幅短縮
 企業情報
企業名 K 調剤薬局(6 店舗)
業種 小売業
従業員数 正社員35名、アルバイト10名
年商 1,800,000 千円
経営利益 30,000 千円
 企業特性 インターネットバンキングを開設していたが、未利用。
各店舗ごとに窓口用の通帳を作成し、毎日入金処理を実施。
全店舗を統括している経理担当者は2名で、総務業務も兼務。
レセプト計算、銀行振込、帳簿処理、内部資料作成等を経理担当者2名で担当。

システムの導入効果


① 「銀行明細読込み・自動仕訳」で銀行訪問・対応時間を大幅短縮

「発展会計BANK」導入前は、週に2~3回(月に約10 回)は銀行に訪問し、振込や入金業務等を実 施していたが、導入後は週1回(月4回)の訪問となり、約8時間の業務短縮を実現。 同時に、預金支出関連の資料準備時間を約3時間削減。

②経理業務の標準化で業務分担が可能になり業務時間短縮

経理担当者2名のうち、預金取引入力は1名の担当者ががすべて行い、月約5時間を入力業務に要していたが、「発展会計BANK」で大幅に入力時間を短縮。銀行訪問・対応業務の効率化に加え、事務処理投下時間も減少したことにに伴い、レセプト計算や経営資料作成の早期完了を実現。
これまで経理業務と総務業務を別々に担当してきたが、経理業務の標準化が図れたことにより、経理業務と総務業を2人で担当することが可能になり、仕事量の偏りを解消。

③インターネットバンキング開設済みだったので経理合理化を即体感

インターネットバンキングは開設済みでだったが、メリットを感じられず未利用となっていた。「発展会計BANK」の導入を機に事務作業の効率化のために再利用を決定。既に開設済みだったため、「発展会計BANK」の導入もスムーズにいき、経理合理化の効果がすぐに体感できた。

 事例4
 経営資料の早期作成が可能になり業績管理体制を構築現
 企業情報
企業名 G 社
業種 小売業(雑貨店10店舗)
従業員数 正社員25 名、アルバイト20名
年商 350,000千円
経営利益 5,000千円
 企業特性 インターネットバンキング利用歴有り。
各店舗の現金売上は各入居施設で管理しており、記帳は本社で一括処理。
本社経理担当者は1 名で、記帳の他に現金管理、銀行業務も担当。
経理担当者にかかる負担が大きく、月次のデータ完了も遅い。

システムの導入効果


①「自動読取り」で銀行預金の相互チェック体制確立

従来は経理担当者が預金通帳を管理しており、預金管理において相互チェックができていない状況であった。 「発展会計BANK」導入によって経理担当者による通帳記帳の必要が無くなったため、通帳は社長が管理することになった。経理担当者だけでなく社長も、インターネットバンキングを通していつでも預金残高を把握することができるため、相互チェック体制が確立。また経理担当者の負担も軽くなり、事務上のミスも減少した。

②経営資料の早期作成が可能になり経営への取組みに変化が

G社の社長は従来、経理担当者や各店舗から報告される売上の結果のみに重点を置いていたが、「発展会計BANK」導入後は、経理担当者の業務が大幅に効率化されたため、月次データが従来よりも2週間早く完成するようになった。
そのため、社長は売上以外の利益状況などのデータにもに着眼するようになり、経営への取り組み方に変化が現れた。
また、社内報告と月次データを符合させることで、経理処理の誤りや不正が発生していないかを見極めることができるようになった。

ページトップ

「クラウド発展会計自動経理システム」推奨スキャニングデバイス

読取りは300dpi以上のJPEG形式で行ってください。 画像を読み取るデバイス(装置)は、スキャナーと複合機です。

MoneyLookと「発展会計」の連携

お問い合わせ

お問い合わせ

メール

メール

ページトップ
セミナー情報

経営支援サイト

サービスのお申込み

企業版

医業版

 業務効率化支援

経営参謀

企業版

医業版

自動経理

WEB経理

一般

歯科